たまに車を利用したい人にはカーシェアリングは非常におすすめです。

自動車共有システム「カーシェアリング」のいいところ

MENU

カーシェアリングのメリット

 

カーシェアリングのメリットとは

 

従来からあったレンタカーとはまた違った自動車共有システムとしてカーシェアリングが台頭してきました。

 

カーシェアリングは、入会している会員が特定の自動車を共有するサービスです。

 

自動車を保有しないで必要なときだけ車を使うといった点では、レンタカーと同じですが料金や費用に関してはその頻度や時間によってどちらが有利でお得かという部分が異なります

 

カーシェアリングの具体的にメリットについてまとめてみました。

 

車検・自動車税・保険料・駐車場代が不要

 

自動車ユーザーにとって自動車を所有したときにかかる年間の維持・固定費というものは莫大なものになってきます。

 

自動車は購入したときの本体価格以外にかかる維持費がユーザーにとって相当な負担となっていることが以前から指摘されていました。

 

2年に1度発生する車検代、自動車税や任意保険料、そして月極めで借りる駐車場代などを含めると年間の維持費の内訳は、自動車税が1.5L~2.0Lまでの車で39500円、任意保険料が年間で7万円~8万円程度、さらに駐車場代やガソリン代を考慮すると年間で1台の自動車を維持するのに年間で40万円~50万円ほどにのぼるのではないでしょうか。

 

カーシェアリングではこの費用は、車を共有する会員の利用料で賄われるためユーザーの負担はとても小さくなります。

 

自動車を使いながらも維持費を大幅にコストダウンする方法としてはおすすめです。

 

 

24時間利用したいときだけ使える

 

自動車を保有すると年間の維持費が高額になるので普段あまり車を使用しないユーザーにとっては、稼動率が低いということができます。

 

普段、通勤などで使用しているならともかく、休日のみ車を使うという家庭では、高いお金をかけているのに、車が活躍する機会が少ないといえるでしょう。

 

無駄に支払っているお金が多いということになります。

 

しかしカーシェアリングを利用すれば、使いたいときに使いたい分の利用料と最低限度のコストで自動車を借りることができるというメリットがあります。