マイカーと比較した場合のコスパ

マイカーとカーシェアリングのコスパを徹底比較

MENU

お金の画像

利用する時間がほんの15分だとしても、マイカーを所有していれば、

その維持費は年間にすると膨大な金額になります。

マイホームと並ぶ、サラリーマン人生の「2大出費」がマイカーだと言われています。

その点、カーシェアリングを利用すれば、自分の車の様に利用出来るのにコスパはほぼ実費のみ。

今回はカーシェアリングとマイカーを比較して、そのコスパがどれ位かを計算してみましょう。

 

マイカーにかかる費用

マイカーの内訳

マイカーを所有する場合、住宅とは違って5年~10年で買い替える事がほとんどです。そのため、高価な車種に乗っていなくても、マイカーにかかる費用は生涯で3000万円を超えると言われています
詳しく内訳を見て行くと、

 

・車体本体費用:およそ平均200万円
(60回の分割ローンで月3万5,000円×12=42万円)
・駐車場代:都内だと平均3万円×12=36万円
・車検代:平均8万円
・保険料:平均5万円
・自動車税:平均3万円

 

これだけで、年間94万円です。
さらにガソリン代、整備費用などがかかります
車検代が毎年かからないとしても80万円代の出費ですから、結構な金額といえるのではないでしょうか。

カーシェアリングの内訳

業界では有名なオリックスの個人プランを参考にして内訳を計算してみましょう。

 

オリックスの個人プランAでは、月会費は2,000円です。
その他、15分利用するごとに200円かかります。
6時間利用すると3,500円のサービス料金となっています。

 

これで、毎日30分、月に2回ほど6時間利用したとしましょう。
ガソリン代・保険代は込みですから、月会費2,000円と一ヶ月利用料金が30日計算で19,000円となり、一ヶ月21,000円がカーシェアリングの料金になります。年間にすると252,000円です

 

ざっくりと計算しても、マイカーは年間80万円カーシェアリングでは年間25万円です。
マイカーが利用していても利用しなくても年間80万円が必ずかかるのに対し、
カーシェアリングでは利用しなければ料金は0円に近い場合もあります。

コスパがどちらが良いか、説明しなくても分かりますよね。

 

ちなみにレンタカーの場合は、80万円あれば小型車なら100日分利用出来る金額です。
365日のうち100日使えるなら、レンタカーの方がお得かも知れませんね。

 

マイカーを手放して、カーシェアリングを利用するだけで、浮いたお金で家族で海外旅行に行ったり、趣味の幅を広げる事が出来ます。ちょっとしたパートで働く必要もなくなるでしょう。
毎日必ず仕事で車を使う人なら別ですか、サンデードライバーや買い物カーとして使っている方は、少し考えを変えてみても良いのではないでしょうか。