ガソリン代・保険料込みの料金プランの会社もあります。

カーシェアリングとレンタカーの違いとは

MENU

女性が悩んでいる画像

最近話題のカーシェアリング。

24時間365日、使いたい時に使いたい時間だけ車を利用できるので、

利用者には使い易く便利だと好評です。

しかし、昔からあるレンタカーとは一体どこが違うのでしょうか。

 

レンタカーとの違い

 

時間設定

レンタカー

最低でも3時間から半日、または1日という利用時間が普通

カーシェアリング

10~15分と短時間でも利用する事が可能

 

 

料金設定

レンタカー

レンタカーは使う時に使う時間だけ支払います。

そしてガソリン満タン返しが基本ですから、車のレンタカー代、ガソリン代、保険に入れば保険代と一番短く借りても数千円の出費がかかります。

カーシェアリング

月会費を払って会員登録をする場合、使用する時にいちいち書類を書いたり利用料金を払う必要がありません。料金プランの中に、ガソリン代や保険代が込みになっている会社もあります。

 

 

利用方法

レンタカー

レンタカーを借りる場合は営業所に赴いて対人応対をして貰います。
車の傷の確認を一緒に点検してから車を借りるのが一般的です。

カーシェアリング

ステーションと呼ばれる場所に車が置いてあり、そこに利用する時にネットやスマホで予約すれば、あとは直接車に乗って出かけられます。

無人対応が基本です。

 

 

サービス内容

レンタカー

<清掃>
洗車や掃除はレンタカー会社がやってくれますから、レンタルする車は掃除が行き届いており清潔です。

 

<喫煙・禁煙車>
喫煙車、禁煙車が選べます。

 

<サービス内容>
サービス内容は、どこの会社もほぼ同じです。

カーシェアリング

<清掃>
利用者が掃除をしてゴミも自分で捨てるのが基本です。前に利用した人が散らかしていた場合、自分で掃除をする必要があります。

 

<喫煙・禁煙車>
全車禁煙の場合があります。ガソリンなどの匂いの強い危険物や、ペットを同乗させる事は禁止です。規約に違反すると会員登録を剥奪されたり、ペナルティー料金を払う場合もあります。

 

<サービス内容>
利用方法は会社ごとに内容が違う場合があります。個人ユーザーが自分の車を使わない時にレンタルするサービス形態もありますし、レンタカー会社と併用している会社もあります。最近ではマンションのサービスの一貫として、そのマンションの住民だけが利用出来るサービスもあります。