ライドシェアリングによって起こるデメリットをご紹介しておきます。

人見知りさんは要注意かも!?ライドシェアリングの短所

MENU

ライドシェアリングのデメリット

 

ライドシェアリングが注目を集めてきました。

 

ライドシェアリングの魅力について徐々に相乗りの楽しさや経済的負担の軽減のメリットが声だかに叫ばれるようになってきましたが、デメリットも少なからずあることに言及しておきます。

 

特にはじめて出会った人が車に乗り合わせて移動するという行為は、楽しいことばかりではなく、ときにトラブルに陥ったり、予期せぬ危険をはらんでいることもあります。

 

白タク行為に抵触する危険性

 

白タクとは白色ナンバーの自家用車が、タクシーのように旅客を運送することに準えてそう呼ばれています。

 

ライドシェアリングはあくまでドライバー側の自家用車を使って旅費を折半するものなので、道路運送法に抵触する可能性があることが指摘されています。

 

この背景には、タクシー業界の反発もあり、ライドシェアリングが隆盛するとタクシー業界に大きなダメージを与える可能性があります。

 

今後のライドシェアリングへの法整備にも注目が集まります。

 

 

相乗りへの抵抗感

 

見ず知らずの人と一緒に相乗りをするわけなので、多少の抵抗感は付きまといます。

 

そもそもこのライドシェアリングのサービスは欧米から火がついて日本にも導入されてきたシステムですが、ヒッチハイクへの抵抗感は、諸外国よりも日本人は強く意識しやすいといわれています。

 

「ライドシェアを利用してみたけど、ドライバーの方とギスギスして楽しめなかった。」
「楽しくドライブしたかったけれど、目的地まで沈黙が続き耐えられなかった。」

 

といった利用してみてから感じるデメリットもあるようです。

 

小さなトラブルならまだしも最悪の場合は、犯罪に巻き込まれる危険性もゼロではないので、利用の際は十分に注意することが大切です。

 

 

キャンセルは相手の迷惑になる

 

ライドシェアリングは、個人間で取引することが前提なので、事前にキャンセルや変更をしてしまうと相手方の迷惑になります

 

ガソリン代や費用を折半しようとしていたら、相手方にキャンセルされて自分も目的地まで行くことができなくなってしまうなどスケジュールに重大な影響を及ぼします。