シェアサービスが拡大中!流行した背景には一体何があるのでしょうか。

シェアサービスが流行した理由!普及した背景を探ります。

MENU

シェアサービスが流行している背景

 

シェアサービスが流行している背景は、ネットとスマホの普及と若者を中心にした価値観の変化です。

 

他の人が使っていると利用できない特性上、カーシェアリングをはじめ、多くのシェアサービスはネット予約やリアルタイムの使用状況確認を行うのが必要不可欠です。

 

スマホアプリ対応などネットインフラの整備がシェアサービスの普及した大きな要因です。
価値観の変化も背景にありますが、ネット社会による影響は少なからずあります。

 

 

節約家が増加

 

スマホやネットは節約ツールとして大活躍します。

 

お店で気になる商品を見つけたら、ネットの価格比較サービスや大手通販サイトでもっと安く売られていないか確認する人が増えています。

 

ほかにも新車を買うときの値引き情報や商談時の交渉術など必要な情報はスマホひとつで何でも手に入る世の中に変わってきました。

 

以前は買い物やサービスでお金を使うには、お店やショールームに足を運んで、価格が納得できなければ店員と価格交渉をするしかありませんでした。

 

近年は、まとまったお金を使う際はネットで情報収集するのが当たり前になり、カーシェアリングをはじめ、所有したり買うよりもシェアサービスを使った方がお得という情報に心を奪われる消費者が増加しています。

 

 

 

保有する優越感を度外視する若者の価値観の変化

 

車の場合は保有することがステータスでもあり、良い車に乗るのは憧れ。
18歳で免許を取ったら中古で安い車を買う人が多かったです。
近年は若者の車離れが問題視されています

 

若者は車が便利なのは理解しているけど、維持費が高いので購入はしたくないと考える人が増えています。

 

この考え方は何をするにも同じで、会社を立ち上げる際に立派なオフィスは不要で、とりあえずシェアオフィスやレンタルオフィスで十分と考えるなど、世間体よりも費用対効果を重視する傾向が強まっています

 

シェアサービスは単独で購入や契約するよりもお得なので、安いのであればシェアで十分という考えが広まっています

 

 

 

大手の参入

 

大手のイメージ

シェアサービスは大きなマーケットに成長しています。

 

カーシェアリングで見るとタイムズ、オリックスなど全国展開の大手が強いように、幅広い業種で続々と大手が参入しています。

 

大手の参入によってサービスを利用する安心感が出て、サポート体制や機能性が向上しています。

 

シェアサービスはマイナーなものも定番のサービスに変化したことで、抵抗なく利用する人が増えています。

 

 

 

まとめ

 

シェアサービスの流行している背景は以下のものがあります。

 

  • インターネットによる情報の普及
  • スマホアプリやGPS連動など利便性の向上
  • 大手の参入による信頼性の向上
  • 若者を中心にした物欲の低下
  • 非正規社員の増加による格差の広がり
  • オンラインゲーム、スマホアプリをはじめ、お金の使い道の多様化

 

ほかにも細かい要因は多数あります。

 

一つの理由ではなくネット社会を中心に様々な要因が重なったことがシェアサービスの普及した背景です。

 

今後もシェアサービスは拡大していくでしょう。

 

以前は新参業者の牽引する業界もありましたが、今後はどの業界も大手や積極的な資金調達を行える業者がシェアを伸ばしていく見込みです。