シェアサイクルとはなんなのか?シェアサービスを比較して検討しましょう!

シェアサイクルは便利なサービス?うまく使ってラクラク移動!

MENU

シェアサイクルとは

 

シェアサイクルは名前の通り、自転車版カーシェアリングのようなサービスです。

 

シェアサイクルのイメージ画像

レンタルサイクルと特性は似ていて、コミュニティサイクルと呼ばれることもあります。

 

利用するサービスや業者、拠点によってルールは異なりますが、カーシェアのように同じ拠点に戻すルールはなくて、街中に複数の拠点(サイクルポート)があって、提携拠点であればどこに返却しても良い仕組みです。

 

レンタルサイクルとシェアサイクルの違いは有人受付の有無や、複数の返却拠点があるかなどです。

 

ただし明確な定義はなく、業者によってレンタルサイクルでもシェアサイクルと同じサービスを提供していることもありますし、逆のパターンもあります。

 

シェアサイクル、自転車シェアリング、レンタルサイクルなどはほぼ同じ意味で、利用するサービスごとに詳細を確認するようにしてください

 

よくある活用事例

  • 駅前とオフィスビルや自宅周辺の拠点を活用した通勤用
  • 観光スポット巡り用
  • 大規模マンションの住民向けサービス

 

自治体と民間業者との共同事業として広域でシェアサイクルを展開している事例があります。

 

一方通行だけだと、返却される拠点が偏るので、通勤で活用できるものや観光スポットなど常に人の出入りがある場所での適正が高いです。

 

大規模マンションでは、住民向けサービスとして自転車を保有するのではなく電動アシスト自転車をシェアして使えるサービスを提供していることがあります。

 

乗り捨てはできませんが、駐輪場不足のマンションに好評で、乗る機会の少ない人でも定期的に業者が整備した自転車に乗れると評判です。

 

 

GPS&スマホアプリによって普及したサービス

 

複数の拠点で返却できる点がシェアサイクルのメリットでもあり、カーシェアとの大きな違いです。

 

ただし、状況によっては拠点に自転車のないケースがあります。

 

この問題を解決したのが小型GPSとスマホアプリです。

 

専用アプリを利用することで、使いたい場所の在庫や使いたい拠点に向かっている人の状況を確認できます。

 

運営も状況を確認できるので、必要に応じてトラックで移送したり自転車の在庫を増やすなど対策を取ることができます。

 

GPSで管理できるので無人管理でも利用時間を管理できるので、長時間の買い物やお出かけに行ってしまう人を少なくできて、稼働効率を高めています。

 

 

駐輪場を借りるよりもお得?

 

利用料金は地域によって様々で、カーシェアでいうオリックス、タイムズのような全国展開の大手はありません

 

一例として、地価の高い東京都港区で行っている「港区自転車シェアリング(ドコモ・バイクシェア スマートシェアリング)」の場合、基本料金無料の月額会員で1回30分あたり150円です。

 

月額会員であれば基本料金2,000円で1回30分以内を条件に何度でも利用できます。

 

マンションの駐輪場と駅前の駐輪場を借りると2,000円以上かかってしまうこともあるので、自分で持つよりもシェアサイクルの方がお得です。

 

車と違いアクティブユーザーでも保有するよりお得になることから、全国でどんどん広がっているサービスです。

 

自転車は引越しをするときに邪魔になりますし、捨てる時にもお金がかかります。
シャアサービスとしての適正は車以上だと評価できます。

 

1日使いたい場合は1,500円ほどで1日パスを用意しています。
地域によっては、1日パスはコンビニで申込できるなど利便性を高めています。