シェアリングエコノミーで他人と物や空間を共有する仕組みが広まっています。

シェアリングエコノミーとはどんな仕組みなのでしょうか

MENU

シェアングエコノミーとは

 

シャアリングエコノミーを和訳すると「共有経済」になります。
エコノミーは経済という意味を持ち、シェアすることをビジネスや節約に繋げることを意味しています。

 

一般的にはカーシェアをはじめ、シェアハウス、シェアオフィス、食事で大皿を注文して取り分けるなど、シェア(分ける)単体で使われることが多いですが、ビジネス的に略さずに言えば、カーシェアをはじめシェアサービスは全てシェアリングエコノミーに分類されています。

 

実際のビジネスシーンで見てみると、個人の所有物を他人に貸出するなどして共有するサービス全般のことをシェアリングエコノミーと呼ぶ傾向が強まっています。

 

日本で普及しているシェアサービスの多くは業者がサービスを提供しています。

 

海外では、「Uber(ウーバー)」や「Lyft(リフト)」等の自家用車を利用した配車サービスが普及していて、海外旅行に行く日本人からも話題になっています。

 

日本では、白タクと呼ばれる違法行為になるため普及していません

 

国内でもっとも普及する可能性のあるシェアリングエコノミーは民泊で、2020年東京オリンピックに向けて法整備を進めています。

 

 

幅広くて曖昧な定義

 

シェアリングエコノミーを使われることのあるサービスの特徴をご覧ください。

 

  • 個人が業者を仲介せずに物を売る(フリマ、フリマアプリ、ネットオークションなど)
  • 働き手のシェア(人材派遣会社、フリーランス向け仕事仲介サイトなど)
  • レンタルサービス
  • 代行販売サービス(複数の売り手の販売を代行する)
  • 手伝い系サービス(ベビーシッター、家政婦、ペットシッターなど)
  • 共同使用する場所(貸会議室、保養所など)

 

シェアリングエコノミーを嫌いと言っている人でも、メルカリなど身近な所でシャアリングエコノミーに分類されるサービスを使っているかもしれません。

 

白タク系の配車サービスやアメリカで流行した個人間の住居や倉庫、空き地の貸し借りを行う「Airbnb(エアービーアンドビー)」が普及したことで広まった言葉です。

 

個人間サービスの総称になりつつありますが、定義を深堀していくと、昔からある会社の保養所やレンタルビデオ・DVD、人材派遣会社など幅広いサービスが紗リングエコノミーに該当します。

 

決められた枠の中だけではなく、個人を含めてあらゆり人や物を対象にサービスを展開する意味があります。

 

たとえば人材派遣会社の場合は、企業が直接採用する正社員だけではなく、繁忙期だけ人の貸出や紹介をする会社から派遣で増員したり、自社で求人の広告費をかけるのであれば、求人会社に一括してお願いした方が効率の良い考え方です。

 

サービスを提供する側は、このサービスを展開するにあたってターゲットをなるべく広げた方が大きな市場を期待できるというものです。

 

若干話はそれますが、このサービスを使ったら特定のサービスもセットにしないといけないなど、縛りをつけた営業活動は独占禁止法で規制されているものがあります

 

つまり、国としても特定のサービスに縛られず、幅広い選択肢を消費者に与えて競争を高めることを理想に考えています

 

ただし、白タク系の配車サービスや普及に向けて取り組みはじめた民泊など、個人が何でも自由にサービスを提供するとトラブルの多いことは、規制を敷くなどして利用者の保全に努めています。